当サイトはあくまでも個人ブログです。自身の備忘として、また、インプットのために記載している情報も含まれます。
掲載情報は参考程度にとどめ、必ずご自身でその内容をご確認くださいますようお願いいたします。
誤脱字は勘弁してちょ。

考え方・姿勢

子どもがおねしょをしたら仏の心を持つべし・・・

息子のおねしょがヤバイ・・・

息子のおねしょ録

1月31日 アウト
1月30日 無事
1月29日 アウト
1月28日 アウト
1月27日 アウト

いやいや、おねしょ率80%やがな ( ̄~ ̄;)

なぜだ?

冬場になるとおねしょが増えるという話は聞いたことがあるものの、一体なぜなんだ。。

Q.秋から冬にかけて、おねしょが増えるのはなぜですか?
気温が低くなると、人は寒さを感じて体を温めようとするので、代謝を上げるために血流が多くなります。尿は血液の不純物によってできるので、血流が多くなると、それだけ尿の量も増えます。もちろん夜間の尿量も増えるので、寒い時期にはおねしょが増えるということが考えられます。

引用: マイナビニュース「冬におねしょが増えるのはなぜ? 改善するにはどうすべき? 」

同じ悩みの人は多いですね。

改善策&どう接するべき?

一体どうしたらいいのだ・・・

あまり怒らないように心がけてはいるものの、夜中に目覚めたときは理性が効かない&これだけ頻発されると、イライラが抑えられない。。

が、

Q.おねしょをした子どもに、親はどのように接することが重要ですか?
私は、子どもがおねしょをした時に寝ていたら、何も言わないでそっとシーツを変え、おねしょをしたこと自体に気づかせないくらいの方がいいと思っています。おねしょは、生活や環境が変わるタイミングで始まることがあり、心理的な作用が大きいと考えられるからです。
難しいとは思いますが、親は子どもをしからず、おおらかな気持ちで見守ってあげることが大切です。とにかく前向きな言葉をかけて、子どもを不安な気持ちにさせないようにしてあげてください。

Q.おねしょをさせないために、親にできることは何かありますか?
「お水をたくさん飲んだらおねしょをするよ」など、おねしょを連想させるような声掛けをすると、かえって子どもの不安をあおり、おねしょを誘発させてしまうことがあります。できるだけおねしょのことを思い出させず、リラックスさせてあげることが重要です。その方法は子どもによって異なると思いますが、絵本の読み聞かせは手軽にできるため、お勧めです。1日の中で少しでもいいので、子どもと真正面から向き合う時間を作っていただきたいと思います。そうすれば、子どもの不安も取り除かれ、おねしょから卒業するための一助になるかもしれません。

引用: マイナビニュース「冬におねしょが増えるのはなぜ? 改善するにはどうすべき? 」

む、無理だ・・・

あたいにゃ無理だよ・・・

起業に向け一言

怒りで相手を変えることはできない・・・

-考え方・姿勢

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.