匿名よりは身分を明かしてブログを書きたいと思っているものの現時点ではそれができずに悶々としているサラリーマンが、起業までの日々の生活をありのままに綴ります。

サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ

考え方・姿勢

入社3か月の社員の悩みは人間関係?解決は「相手を変える」か「自分を変える」か

入社3か月の新入社員たちと話をする機会がありました。

入社から3か月も経つと、新入社員たちは少なからず不安を抱え始めるようです。

一般社団法人日本能率協会の「2018年度 新入社員意識調査報告書2018」によれば、新入社員が挙げる『仕事をしていく上での不安』のトップ3は以下だそうです。

  • 上司・同僚との人間関係( 39.8% )
  • 仕事に対する自分の能力・スキル( 36.6% )
  • ビジネスマナーや常識( 36.6% )

意外とマジメだな笑

受動的ではなく能動的に業務に取り組んでいけば、能力やスキルは経験を重ねていくうちに得られるでしょう。
もっともっと自分の能力やスキルを向上させたければ、時間を確保して勉強するのも手でしょう(というかそれが最大の方法でしょう)。

ビジネスマナーなんてものは単に"知っているか知らないか"だけなので、知らなければその都度覚えていけばいい。
会社・上司・先輩としても教える責務がありますので、新入社員は不安視する必要は無いでしょう。

一番の問題はやはり人間関係でしょうかね。

仕事をしていくうえで最も多い悩みが人間関係、
且つ、解決が困難であるのが人間関係。
ということが肌感覚としてあります。

会社がある程度の規模であれば、苦手な相手や嫌いな相手と接触を避ける、距離を置くということができるでしょうが、小規模な会社だとそうもいかない。

いやがおうでも関わりながら仕事をしていくのであれば、
「相手(のイヤな部分)を変える」か「自分を変える」しかありません。

「相手(のイヤな部分)を変える」 のであれば、相手に伝えなければなりません。

明確に伝えるか暗に伝えるか、
自分で伝えるか誰かに代わって伝えてもらうか、
言い方や言い回しをどうするか、
様々なことが考えられますが・・・
相手を変えることはなかなか難しいことと思います。

変える(相手に変化を促す)こと自体が困難ですし、相当の時間を要すると思います。

とするならば、「相手(のイヤな部分)を変える」には長期的な視点で取り組み、短期的には「自分を変える」ことが必要になるでしょう。

「自分を変える」というのは一つに「自分の捉え方を変える」ということがあります。

出来事や事実に対する自分の捉え方を変えることで、結果として表れる自分の感情や行動が変わります。

かのドイツの哲学者ニーチェは言いました。

「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。」

それと同じことですね。

言うのは簡単なんですけどね。

続きは今度にして今日はこの辺にしておこう。

起業に向け一言

人間関係がうまくいっている企業の見学に行きたい

-考え方・姿勢

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.