当サイトはあくまでも個人ブログです。自身の備忘として、また、インプットのために記載している情報も含まれます。
掲載情報は参考程度にとどめ、必ずご自身でその内容をご確認くださいますようお願いいたします。
誤脱字は勘弁してちょ。

考え方・姿勢

お義父さんの家でリバース

今日から実家に帰省。

今年は4日まで帰省する予定。

毎年のことですが、これから宴会が続きます・・・笑

今年の場合は27日から飲み続けているので、合計で11連酒になりますね。

普段は毎日は酒は飲みません。週3~4日程度でしょうか。

ところが今年は忘年会と大型連休が重なり、11連酒になる予定・・・いや、間違いない( ̄ω ̄;)

1週間くらいはあったけど、10日オーバーは夜やってた頃以来かなぁ。

石巻、恐るべし

ウチの妻の実家は皆、とにかく酒を飲みます。

朝4~6時まで飲み続けることはザラ。
何年か前は知り合いの人の家をなぜか貸し切って、20人以上集まっての大宴会でした。

実家は石巻という漁師町です。
猟師町だから?
町全体で飲んべえって感じ笑

いや、ウチのおかんも石巻だけどあんま酒は飲まないから、妻の実家が特殊なのかもwww

お義父さんの家でリバース

あれはまだ妻と結婚する前だったと思います。

妻と一緒にお義父さんの家に行き、ウチら二人とお義父さんお義母さんと4人でしこたま飲み、その後はお義父さんの妹さんが営んでいるスナックへ(この方が酒最強説)。

そこでワインボトル4本くらい空けたんですかね。あまり記憶がありません。

朝方にお義父さんの家へ帰宅。

朝6時頃でしょうか。

外が少し明るくなってきた頃、急に私は気持ちが悪くなりました。

「トイレに行かねば・・・」

ところが、そのときはお義父さんの家に行くのが初めてで、トイレの位置が定かではありません。

「皆はまだ寝てる・・・うるさくしないように、、起こしちゃダメだ。」

酔いながら、謎の葛藤をします笑

フラフラな状態でベッドから上体を起こします。

ところが次の瞬間、

「ヤバイっ!!」

吐き気がピークに。

そのときに一筋の光が差し込みます・・・

私はその光のほうへ・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

そこは窓でした。

私は4階の窓からすべてを解放してしまいました。

朝10時。

外がざわついています。

お義父さんが、私と妻が寝ている部屋に入ってきます。

「なんだか下が騒ぎになってっど」

私は全てを悟りました。

そして酔いが一瞬で引きました。

お義父さんの家は4階。

3階、2階、1階。

その全ての階に私の嘔吐物がかかっていたのです。

なかには、窓を開けっぱなしで寝ていて、カーテンにまでブツが及んでしまっている家もありました。

近くではしごを借り、私とお義父さんで1軒ずつ謝りながら掃除してまわりました。

「いいよいいよー」

と笑いながら許してくれる人もいれば、なにも言わずにめちゃくちゃキレてる人もいました。
(そりゃそうだ)

2時間ほどかけて全てを掃除し、被害に遭われた方々へ詫びの品をお渡しし、私の気分はどん底。。

そのときのお義父さんが放った一言は忘れられません。

「昨日は楽しんだんだなぁー笑」

神です (。TωT)ノ

私はお義父さんに怒られもせず、責められも全くしませんでした。

そのとき私は思いました。

妻と結婚しようと・・・(嘘です

ですが、妻と結婚してもこういう家族とならうまくやっていけるなーと思ったのは事実。

周りの友人からは実家に帰省しない、墓参り行かない、挨拶にも行かないなんてことを聞きます。

別に行きたくなければ無理してまで行く必要は無いと思いますが、自分に置き換えてみると、自分の子どもたちが大きくなって結婚したとしても、頻繁にでなくてもいいから、節目節目には実家に帰ってきてほしい。

息子・娘が、そしてその配偶者が、その子どもたちが、"会いに行きたい"と思って来てくれるには、受け入れる側(親)の迎え方というのも大いに関係してくるのだと思います。

お義父さんお義母さん、今年も飲みに行きまっせー!

起業に向け一言

客が良いサービスを受けようとするならば、サービス提供者にとって心地よい環境を与えてあげることも大事(サービスの共同生産)。

-考え方・姿勢

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.