起業

法人口座の開設。ネットバンキングオンリーでいきたいが…

法人の登記が完了したので、法人口座の開設手続きを進めます。

関連記事
登記完了、法務局・年金事務所・税務署へ

先日、法務局にて法人の設立登記申請をしたところ、 登記完了予定日は来週です と言われましたが、どうやら、法人の設立手続き ...

続きを見る

関連記事
設立登記書類等をすべて揃えいざ法務局へ!

さて、法務局に提出する書類をまとめます。 提出書類は以下の通り。(「マネーフォワード会社設立」を利用) ※2020年6月 ...

続きを見る

ところで、どこの金融機関で法人口座を開設するか。

今のところ、ネットバンキング以外で開設するメリットが私には見出せません。

地元金融機関の口座は一つは持っておいたほうがいいという意見も聞きますが…月額基本料や振込手数料がネットバンキングと比較して圧倒的に高い・・・

都市銀行や地方銀行は、インターネットバンキングの月額基本料が高額な点もデメリットです。ネット銀行はいずれも無料で利用できるのに対して、例えばみずほ銀行だと1カ月2,160円の料金が発生します。なお、ゆうちょ銀行は現在月額基本料は無料ですが、本来の料金は設定されており無料なのは2022年3月までの限定的な措置です。
さらに振込手数料もネット銀行と比べて高額です。たとえばジャパンネット銀行は3万円以上の金額を他行に振り込む場合の手数料が275円ですがみずほ銀行だと770円になります。

引用:法人口座を開設するならどこがおすすめ?銀行別に比較!

例えば、私の地元の金融機関ではいくつかのプランが用意されていますが、最も安いプランでも契約料は2,200円、月額基本料は1,100円かかってしまいます。

また、メール通知サービスを利用しようとするとまた別に「月額基本料」と「使った分だけの従量料金」が発生しますし、指定日に振込や納付等の処理を行うことができるようにするためにはもっと高額なプランにしなければなりません。

今のところはそういったサービスを利用する予定も無いし、極力固定費は下げたい。

融資を受ける予定も無い。

ということで、ネットバンキングのみでいきたい、と考えていましたが、ネットバンキングのみであることのデメリットも当然あります。

それは取り扱いが可能でない場合があるということ。

例えば昨日行った年金事務所では

口座振替においては基本的にはネットバンキング以外でお願いしています。
ネットバンキングを登録する場合は、現時点ではイオン銀行のみ可能です。

とのこと。

保険料の口座振替納付のためだけにイオン銀行にする・・・?

考えた結果、ジャパンネット銀行とゆうちょ銀行での開設を試みることとします。
(ゆうちょは保険料用、ゆうちょは当分は月額基本料が無料であるため)

ということで、まずはジャパンネットで口座開設申し込みをするため、必要書類を用意。

ここで面倒なのが、

具体的な業務内容が確認できるホームページが無く

「保険業免許」や「営業許可証」等の各行政機関発行の許認可証が無く

会社案内、パンフレット、チラシなども無い

という場合には、法人用会社概要フォーマットに会社概要や事業内容をできるだけ詳細に記入して提出しなければならないという点です。

法人用会社概要フォーマットはジャパンネット銀行のWebサイトからダウンロード可能ですが、ファイル形式がPDFであり手書きがめんどくさいので、似たようなフォーマットを作りそちらを提出することにしました。

法人口座開設には2~3週間を要することもあるとのことですが、果たして・・・

起業にまつわるつぶやき

振込口座が地元金融機関でないと怪しい?・・・んなアホな。

将来的には対法人取引にも電子決済が普及することを願う。

-起業

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.