• [公開日]2019/08/08

「虹ってなあに?」の回答は、ズバリ…!!

ゲリラ豪雨により、数年ぶり(?)に道路が川のようになっていました。

山形は扇状地ですから、水が流れてくるんですよね。

出典:山形市役所

そして、ふと空を見上げてみると・・・

虹が・・・。

しかも、うっすらとではあるものの、2つ Σ(・ω・ノ)ノ!

以前、息子に「虹ってなあに?」と聞かれとき、その答えを曖昧にしてしまったことを思い出します。

ナトリウムのときと同じ。適当に答えたことを反省。。

パパ、ナトリウムってなあに?[2019/01/26]

“光の屈折”ということは分かっていても、
「虹ってなあに」
と聞かれたときにズバリ
「●●だよ」
という回答が分からない…。

ネットで調べても、やはり物理現象(光学現象)なのでどれも難しく書いてあるんですよね…。

そんななか、素晴らしいサイトを発見!

「仕事で得する天気の雑学」いろは出版

このサイトでは、気象予報士・気象解説者である片平敦氏が天気について解説している書籍『仕事で得する天気の雑学』が紹介されています。

チョー分かりやすい! w(゚o゚)w オオー!
(早速この書籍を購入しました笑)

虹とは?ズバリ、太陽の光

「虹ってなあに?」の回答はズバリ「太陽の光だよ」です。

太陽の光が雨粒に差し込み、雨粒の中で反射・屈折して七色に分かれて見えています。近くにある雨雲から振る無数の雨粒たちをスクリーンにして、美しく姿を変えた太陽の光が、虹として現れています。

出典:仕事で得する天気の雑学

そしてこれまた図が分かりやすい。

出典:いろは出版「【教えたくなる!】虹が現れるために必要な3つの秘密、知っていますか?」

小難しく書いておらず、それでいて核心をついている。

素晴らしい。

以前も書きましたが、難しいことをそのまま難しく伝えることはバカでも出来ることで、難しいことをいかに相手に伝わりやすくシンプルできるかが、物事を伝える際にはとても重要なことです。

足せはいいってもんじゃない。”あえて引く”ことが大事![2018/11/09]

ありがとう、いろは出版。

ありがとう、片平敦先生。

今度、息子にドヤ顔で言ってみます。

「虹は、太陽の光だよ」

と・・・笑

起業に向け一言

天気のうんちくは使える!

コメントを残す

メールアドレスは公開されません(が、コメントにあたっては入力をお願いします)。 誹謗中傷いたずらコメントは基本的にお断りです。だって・・・傷つくんだもの=(´□`)⇒  なお、 * が付いている欄は必須項目です

 

カテゴリー一覧

最近の投稿