匿名よりは身分を明かしてブログを書きたいと思っているものの現時点ではそれができずに悶々としているサラリーマンが、起業までの日々の生活をありのままに綴ります。

サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ

生産性

子どもの散髪は自動化できないんだろうか

息子の髪が長くなってきたので、入園式に向け、息子を美容室に連れていきます。

とは言ってもその役目は妻。

自分は娘と二人で家で留守番です。

最近は娘もパパに懐いてくれているので、ママと離れて泣きわめいたりはしません。

娘と二人っきりの貴重な時間を楽しもう・・・と思ったらすぐに昼寝する始末www

二時間ほどで妻のカット&カラー、息子のカットが終わり合流。

2ブロックにして得意気な息子笑

・・・ところで、この仕上げで息子のカットにかかる料金はいくらなんだ?

と思って妻に聞いてみると、1,080円とのことでした。

安っ。
(ところがネットを見てみると本当は1,620円らしい。
 店側で歳の数え間違いをしているのでは??)

いずれにしてもそんなもんか。

子どもが客の場合、カット等の時間は諸々含めて10分~15分くらいでしょうか。
すると時間単価で4,320円~6,480円(1時間ずっと作業をしているわけではないから、時間単価よりも客数と客単価のほうが指標としては馴染むんでしょうが)。

損益の観点だけから見れば、美容室側からするとすげー暇な日ならまだしも、客が入る日であったり、繁盛店であったりする場合には、当然ながら子どもよりも大人を相手したいんでしょうね笑

子どもなんて自分の髪型にこだわりがあるわけでもないし、どの担当がいいとかも無いんでしょうから、骨格やサイズ、髪の毛の状態なんかを機械に入力して自動カット、なんてのは出来ないもんなのかなぁ。

起業に向け一言

金はさておき、まずはRPA化できないかを考える

-生産性

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.