ニュース

スーパームーンと財布フリフリ

昨日はスーパームーンだったそうです。

知らんかった。

ところでスーパームーンってなに?

月がスーパー?

超でっかいってこと?

スーパームーンとは

天文学的な定義はないそうです。

意味合いとしては、地球と月との距離がとても近くなっていつもより大きく見える月として使われることが多いそうですが、地球と月の平均距離が38万4,400kmであるのに対し、

37万kmより近いと「とても近い」のか、
36万kmより近くなったときに初めて「とても近い」と言えるのか、

といったことが定まっていないんだとか。
参考:大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台

ちなみにアストロアーツでは、スーパームーンの定義を

月と地球が最接近するタイミングと満月の瞬間が12時間以内の場合、その前後の夜に見える満月

としているそうです。

うん、こっちのほうが明確で分かりやすい。

 

ちなみに日本では、来月の2019年2月20日がスーパームーンの日とされているものの、NASAで1月21日もスーパームーンの日とされているために、昨日からメディアで報道されていたようです。

来月(2019年2月20日)のスーパームーンにおける地球と月の距離は35,6570kmで、近年で最も近づいたとされる2016年のスーパームーンに次いで2番目に近い距離だそうです。

 

さらに知らなかったことが。

満月の日に、財布を満月の光にかざしてフリフリすると金運が上がるらしい。

財布フリフリの方法

  1. 金、カード、レシート等、財布の中に入っているものを全て取り出し空っぽにする
    理由:金を使うもの(使ったもの)はマイナスなエネルギーの存在だから
  2. 金をくれ!ではなく、月に感謝の気持ちを持つ
  3. 自分で財布が浄化されたと感じるまで財布を月に向かってフリフリする

参考:満月の日のお財布フリフリ!本当に正しい方法で行う事で金運アップする方法

 

ふーん。

札は向きに揃えたほうがいいとか聞きますが、色々あるんですねぇ。

来月やってみっかー

起業に向け一言

キャッシュレスになったらカードをフリフリするのか?

-ニュース

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.