当サイトはあくまでも個人ブログです。自身の備忘として、また、インプットのために記載している情報も含まれます。
掲載情報は参考程度にとどめ、必ずご自身でその内容をご確認くださいますようお願いいたします。
誤脱字は勘弁してちょ。

人材育成・成長

幼稚園から息子の振る舞いを問題視する電話がかかってきた

幼稚園から妻に電話がかかってきた。

その内容は、友達との接し方に問題があるとのこと。

遊ぼー!と友達に声をかけ、その友達が声がけに乗ってくれれば一緒に駆け回って遊ぶらしいが、少し物静かな子や声がけに乗ってくれない友達にはしつこく「遊ぼ―遊ぼ―」と迫り、ときには押したり叩いたりするらしい・・・

少し前までは

●●君と警官ごっこやりたくない。イヤだって言ってるのに、どうしたらいいの?

とか言ってたくせに、今度は自分が同じことしとるやんけ。

ただ、このことは少し意外でした。

息子はなんかどんくさいというか、妹に叩かれても「やめてよ!」と言うだけでやられっ放しだし、過去には登園拒否の時期もあったし、むしろ周りの友達についていけてるのかなぁと心配するほうだったのですが、

関連記事
イメージサムネイル
登園拒否の子どもにどう接するか。キーワードは安心感!!

息子が登園拒否をするようになりました。 先週の金曜日から「幼稚園に行きたくない」と言い始め、土日を挟めば大丈夫かと高を括 ...

続きを見る

そんな息子が友達に積極的に、いや、しつこいぐらいに声をかけて、叩いたり押したりするなんて。

やはり子どもといえど、親から見える子どもの姿は一部なのでしょう。

会社における多面評価でもそう。

上司からみるAさんと、同僚からみるAさん、部下後輩からみるAさんは違う。

自分からするとかわいい後輩でも、そのさらに後輩からは好かれていないことがある。

自分からすると無能な上司でも、会社からの評価は高いことがある。

自分からすると素晴らしい同期でも、上司から認められていないことがある。

親からするとどんくさくて少しおとなしく感じて弱い印象を受ける我が子でも、友達からすると「●●君は怖い」という存在なのかもしれません。

さて・・・どう対処するか。

起業にまつわるつぶやき

多面評価は必要と考える

-人材育成・成長

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.