当サイトはあくまでも個人ブログです。自身の備忘として、また、インプットのために記載している情報も含まれます。
掲載情報は参考程度にとどめ、必ずご自身でその内容をご確認くださいますようお願いいたします。
誤脱字は勘弁してちょ。

人材育成・成長

子どもに対する言葉遣いは気を付けよう

子どもが言うことを聞かず、同じことを繰り返し、親として冷静に対処してもダメな場合、我慢できずにイラつくときは当然あるでしょう。

親だって人間だもの。

ただ、

「ほんとバカな奴だな」

「しょーもないな」

「気持ちわりーな」

とか、明らかに子どもを侮辱するような言葉は慎むべきだと思います。

少なくとも、自分は気を付けるようにしています。

人格否定はしない

もちろん甘やかすだけではダメ。

叱るときは、親として、愛情を持って強く厳しく指導する。

でも、言葉の内容は気を付けないと。

耳をふさぎたくなるような暴力的な言葉だけでなく、実は日ごろ、親たちが何気なく使っている言葉も子どもを傷付けている。
・・・略・・・
2.人格否定
マイナスイメージの言い方よりもっと問題なのが「人格否定」を含めた言い方だ。例えば、「ダメなやつだな」「冷たい子ね」「だらしがないな」など、人格を丸ごと否定すると子どもを深く傷付ける。ときにはひと言が長く心に残り、トラウマになることさえある。
そこまで言わないまでも、「情けないな」とか「情けない子だな」、あるいは「がっかりだよ」も人格否定の言い方である。親は自分の気持ちを言っていると思うかもしれないが、子どもにとっては「親を悲しませる、がっかりさせるダメな子だ」と言っていることと同じだ。

出典: 親の言葉遣いで子どもは変わる

子どもは意外と覚えていますからね。

自分も、小学生のときにそのときの先生に言われた
「あんたは卑怯者だ」
という言葉を今でも覚えています。
(まぁ自分が悪かったんですが)

丁寧な言い回しでも指導はできる

「今どきの親は子どもを甘やかして!」

「我々の頃はもっと厳しくしつけられたもんだ!」

なんてことも言われてしまうわけですが、別に甘やかせと言っているわけではない。

言い方、接し方に気を付けるだけ。

子どもの教育だけでなく、会社での指導だってそう。

丁寧な言葉遣いでも指導はできます。

乱暴な言い回しになってしまうのは、それを美徳として考えているか、相手に理詰めで話せないからでは?

・・・と、自分にも言い聞かせる。

起業に向け一言

苛立つのは自分に余裕が無い証拠

-人材育成・成長

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.