当サイトはあくまでも個人ブログです。自身の備忘として、また、インプットのために記載している情報も含まれます。
掲載情報は参考程度にとどめ、必ずご自身でその内容をご確認くださいますようお願いいたします。
誤脱字は勘弁してちょ。

人材育成・成長

その気にさせる伝え方を工夫しましょう

子どもってなんで間が悪いんでしょう。

今日は長男の通院日でしたが、そんなときに限ってなぜか機嫌が悪い…

朝起きてグズグズ、朝ごはんを食べたがらない、そして食べるのが遅い、着替えをしない。

時間に追われていなければあの手この手を試みますが、朝はそんな余裕は無い。

すると

グズグズしない!

早く朝ごはんを食べな!

さっさと着替えな!

となってしまうわけです。

それでも言うことを聞かなければ

昨日寝るの遅いからだろ!

と過ぎ去ったことを言ったり

朝ごはん食べないならどこにも連れていかないからね!

と脅しをかける言い方になったりしがちです。

話は一転。

昨日の職場の教養は

その気にさせる伝え方を工夫しましょう

でした。

強制的に行動を促されて嫌々取り組むよりも、楽しく喜んで取り組んだほうがいい。
そのためには、人をその気にさせる伝え方が重要で、それはちょっとした工夫にある。

とのこと。

以前のブログ(可能性の動機づけ)にも書きましたが、人を動かすのであれば、不安の動機づけではなく、可能性の動機づけをしたほうが良いでしょう。

関連記事
イメージサムネイル
可能性の動機づけ

好き嫌いをする子どもに、なんと声をかけて食べさせますか? 例えば、子どもが牛乳を飲まなかったら(牛乳の良し悪しはさておき ...

続きを見る

話を戻し、では子どもをどう動かすか。

結論、なにが響くかは分からないので色々と声掛けをします笑

笑ったほうが元気でるよ!

これ美味いから食べてみ!

前よりは着替えが早くなったね!

準備あと少しだね。早く外に行こうぜ!

・・・結局どれが響いたのかは分からないものの、出かける頃には上機嫌になってました笑

起業に向け一言

同じことを言っているのに、相手を動かせる人と動かせない人がいる。その違いは伝え方。

-人材育成・成長

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.