当サイトはあくまでも個人ブログです。自身の備忘として、また、インプットのために記載している情報も含まれます。
掲載情報は参考程度にとどめ、必ずご自身でその内容をご確認くださいますようお願いいたします。
誤脱字は勘弁してちょ。

IT全般

バリューサーバーでTXTレコードを追加してサーチコンソールの所有権確認

以下の記事を参考に、Google Search Console でのドメインプロパティの追加(サイトの追加登録)を試みます。

2019年版 Google Search Console プロパティ登録設定方法

上記の手順通りに進めると、サクサク進みます。

ところが、Google Search Console の設定画面に進んだところで・・・

以下のTXTレコードを●●のDNS設定にコピーします

・・・よく分からん!!!!

いつも思う、Googleの説明ってプロ向けで分かりづらいんだよな。。

DNS設定で単純にTXTレコードを貼り付けるだけじゃダメなの??

・・・ダメなんだってさ。。

契約しているレンタルサーバーはバリューサーバー。

参考になるサイトを探しますが、なかなか見つからない。

エックスサーバーだと参考になりそうなサイトがいくつかある一方でバリューサーバーのものはあまり見つからないということは、やはりそれだけエックスサーバーを契約している人が多いということなんでしょうね。

019年版 Google Search Console プロパティ登録設定方法 で紹介されているのもエックスサーバー、minhost、Google Domainsだし。

月額費用ケチらずに、エックスサーバーにしたほうがいいのかなぁ・・・

と思っていると、参考になりそうな下記サイトを見つけました。

ValueDomain での DNS レコード設定方法

仕様が今とだいぶ違っていてかなり古そうな記事ですが、内容を見てみると、

設定フィードにアドレスの TXT レコードを既に作成している場合は、既存の TXT レコードを編集します。設定フィードフィールドに「txt @  」を付け貼り付け、保存します。

という記述が。

どうやら、「google-site-verification=●●●…」の前に" txt @ "を付けるのだそうです。

プロからしたらそんなのは初歩的なことなのかもしれないけど、素人にはそんなことすら分かりませんって・・・

おっ。成功した。

Google Search Console 側でも所有権が確認されました。

起業に向け一言

専門家は相手基準で話をすべし

-IT全般

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.