当サイトはあくまでも個人ブログです。自身の備忘として、また、インプットのために記載している情報も含まれます。
掲載情報は参考程度にとどめ、必ずご自身でその内容をご確認くださいますようお願いいたします。
誤脱字は勘弁してちょ。

ざっくり業界

これぞプロフェッショナル!OCEAN TOKYOの高木琢也氏!

伸び散らかっていた髪をカットしに美容室へ。

そこで担当美容師との会話で話題に出たのが、

OCEAN TOKYO(オーシャントーキョー)

OCEAN TOKYOとは

ご存知の方も多いであろうこの店。

今、最も勢いがあり、最も予約困難で、(美容師にとって)最も入店が難しいと言われている有名美容室です。

私もテレビで見たことがあります。
(確かロバートの秋山氏がこの店に行ってましたかね)

高木琢也氏と中村トメ吉氏が代表を務める美容室。

2019.6.25現在、大阪も含め6店舗を構えています。

最も有名なのは代表の高木琢也氏でしょうか。

最近はメディア出演も多く、NHKのプロフェッショナルには二度出演しています。
(2018.10.1放送の1回目にはハラジュクSPとしてモデルら三人のうちの一人として出演、2019.5.14放送の二回目には単独出演しています)

高木琢也氏の凄さ

出典:OCEAN TOKYO

過去には1月に1,200万円の売上をあげたことがあるそうです。

1,200万円ということは、

22日勤務で1日あたり545,454円、

8時間勤務で、1時間あたり68,182円の売上。

今現在は高木琢也氏を指名するとカットだけで12,960円だそうですが、当時は7,560円。

1時間68,182円の売上ってことは、仮にカット客だけの場合で計算すると、1時間で9人をカットしている計算。

1人あたり7分!?笑

OCEAN TOKYOへの入店を目指し採用試験を受けたものの残念ながら不合格となり、以降は客として OCEAN TOKYO に行っている人の話によれば、高木氏を指名すると、おおよそ10分くらいでカットしてくれるそうです。

10分で12,000円・・・

まぁ勿論イケてる感じにしてくれるわけですが・・・それでも一般的な美容室と比較するとかなり割高です。

それでも全国各地から客が殺到。

予約受付を開始すると(解放と呼ばれている)、わずか3分で2ヶ月先の予約まで埋まってしまうそうです。

ターゲットは若者のメンズ

女性をカットしないわけでは無いそうですが、メインターゲットは若者、しかもメンズだそうです。

高木氏みたいにかっこよくなりたい!かっこよくしてほしい!という人にとっては高木氏にカットしてもらうことが一種のステータスのようになっていて、カットをしてもらった後は皆がこぞってインスタにアップ。

それも集客に一役買っているようです。

なによりも分析力

高木氏を長年指名している人のブログによれば、カットやスタイリングの技術もさることながら、その凄さは分析力にあるそうです。

私の担当である代表の高木氏は、とにかく分析力に長けている。顧客ごとの頭の形、髪質、毛量、生え癖などを見極めるスピードが非常に早い。実は生え癖1つとっても後頭部、トップ、前髪で違ったりするため、それに応じたカットをしているという。そのような柔軟性が顧客の満足度に直結しているのだろう。
・・・略・・・
「オデコを見せるのが嫌い」「セットは早く済ませたい」「アイロンは使わない」「会社や学校では髪型の自由度が高い」など、髪型だけではなく、顧客の周辺状況を総合的に判断した上でカットをアレンジしている。輪郭や目の大きさなどから、髪の流す方向などもアドバイスしてくれたりもする。その上で流行りを取り入れた髪型を提案してくれるので、顧客からすると毎回カットに飽きが生じることない。

出典:業界トップの美容室「オーシャントーキョー」は何故、凄いのか

客の言われた通りに切るだけでは他の美容師と同じ。

顧客に最も似合うであろう髪型を瞬時にイメージし、顧客の好みや要望も取り入れながらもプロとして最高のサービスを提供する。

これぞまさにプロフェッショナル!

行ってみてー

いつかここでカットした後にその足でローランド先生に会いに行きてー笑

起業に向け一言

ずっと探していた理想の自分って
もうちょっとカッコよかったけれど
ぼくが歩いてきた日々と道のりを
ほんとは"ジブン"っていうらしい

-ざっくり業界

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.