ざっくり業界

新電力について整理する

新電力の提案は今でもよく受けますし、ウチも販売会社と提携してます。

改めて新電力について自分なりに整理します。

新電力会社とは

大手電力会社10社以外の新しい電力会社(PPS:Power Producer and Supplier)を指します(正式には小売電気事業者)。
(大手電力会社・・・東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、九州電力、中国電力、四国電力、北海道電力、北陸電力、沖縄電力)

なぜに"新"?

今までは、大手電力会社が地域の電力市場を独占していました。

が、2016年4月からは大手電力会社以外の会社も一般家庭に対し電気を販売できるようなりました。
※特別高圧(工場など大規模施設/2000kWh以上)は2000年から

なぜ今まで自由競争じゃなかった?

戦前は電力販売は自由に行われており、戦争で一旦国営化され、終戦後にまた民営化されたものの、戦後は復興のためにも安定的に電力を供給することが最優先となりますので、地域を限って独占企業となるように再編成されたというわけです。
そして技術の向上により電気も安定に供給できるようになった現在、より効率よく電気が販売できるように、2016年4月に電力の小売りは完全に自由化され、だれでも電力会社が選べるようになりました。
出典:Selectra「大手電力会社10社とその歴史」

消費者にとってのメリット・デメリットは?

メリットとしては電気料金が安くなる(ことがある)、ということが挙げられます。
ただし必ず安くなるわけではなく、1人暮らしやオール電化などの場合にはかえって高くなってしまう可能性もあるそうです。

デメリットは、安易に新電力に切り替えた後で
「あれ?電気代高くなった。。やっぱり元に戻したい!」
と思っても、その場合に違約金が発生してしまうことがあります。

ゆえに、既存の電力会社から変更して本当に電気料金が安くなるのかはしっかりとシミュレーションをしてもらうことが肝心です。

どれ位の人が新電力に切り替えている?

新電力のシェアは経済産業省によれば以下の通りです。

平成28年4月以降、小売電力市場における新電力のシェアが増加しており、平成30年9月時点における販売電力量ベースの新電力シェアは、14.1%となっています。電圧別には、特高・高圧分野に占める新電力シェアは15.5%、低圧分野に占める新電力シェアは11.7%となっています。
出典:経済産業省「新電力の小売電力市場シェアの推移」

アパート暮らしだけど、新電力に切り替えられる?

いや・・・無理っしょ。

と思っていましたが、そうでもないそうです。

賃貸のアパートやマンションのお住まいの人でも、基本的には電力会社を自由に選べるようになります。
電線の中を通ってくる電気の出元が変わるだけなので、特に許可などは必要ありません。
乗り換えにあたって、最初の乗り換え時に「スマートメーター」への交換が必要になりますが、これも問題ありません。メーターは電力会社の所有物ですし、交換作業自体も日常的に行われていることなので、問題になることはまず無いです。
メーター交換が必要、と言われると賃貸住宅の場合、退去する際に「原状回復」が必要になるのでは、と不安に感じる人もいるでしょう。
これについても、心配いりません。
電力メーターについて「原状回復」は必要ありません
メーターは次の入居者も使うものですし、そもそも電力会社(「送配電」を担当する大手電力会社)の所有物です。どの新電力と契約しても、大手電力のメーターを使う必要があります。
退去時には契約した新電力に引っ越しの手続きを取るか、解約すれば何も問題はありません。
出典:新電力比較サイトより一部抜粋

マジ?笑

ただ、当然不可な場合もあります。

【一括受電契約になっている場合】
大規模分譲マンションでしばしば見られるケースですが、電力自由化を前にマンション丸ごと新電力と契約しているケースがあります。こうした一括受電をしている物件では、各家庭が自由に電力会社を選ぶことができません。
【大家さんが一括徴収している場合】
最近はあまり多くないと思いますが、大家さんが電気料金を徴収している賃貸住宅もあるようです(古いアパートや下宿など) こうしたケースも、自分で電力会社を選ぶことはできません。
出典: 新電力比較サイト

新電力会社は電気を作ってる?仕入れてる?

以下の方法があるようです。

①自家発電余剰電力を購入する
⇒大規模工場などが持っている自家発電の余剰電力を購入し供給するタイプ
②卸電気事業者からの供給
⇒火力発電所などから電気を調達
③自社発電システムからの供給
⇒太陽光発電や風力発電など、自社で所有している発電所から電気を供給
④卸電力取引所(通称:JEPX)からの調達
⇒電力市場から調達
出典:EneLeaks「PPS(新電力)の電気の調達方法」

新電力会社が工場や家庭に電気を届けるには?

送電は今まで通りの送電事業者が行うため、新電力に切り替えて電気供給が不安定になることはありません。

安さ以外で新電力会社を選ぶポイントは?

結論からいうと、安さ以上に重視されるポイントは無さそう。

が、例えば以下のようなポイントがあるようです。

電力会社の選び方と注意点

エコ・地域貢献

電力会社によって発電方法が違うため、環境にやさしい再生可能エネルギーを中心としたエコな電気か否か、といったことも判断材料の一つとしてあるみたい。

一般家庭というよりは、環境重視をアピールしたい企業がそうなんでしょうね。

顧客対応

個人的にはこれもでかいかな。

丁寧な説明、押し売りではなく顧客利益を考えているか、とかですかね。

あとは携帯料金が安くなるセットプランを用意しているところもあるみたいです。

確かに、auユーザーの頃に「auでんき」の営業はありました。

オール電化の場合はダメだとかなんとかで契約しませんでしたけど。

安くなるに越したことはないので、新電力は確かに魅力ですね。

工場や大規模施設などには銀行なども積極提案していて大体が切り替えているんでしょうが、これからは一般家庭ですかねー

起業に向け一言

どこかとの代理店契約もアリかも

-ざっくり業界

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.