当サイトはあくまでも個人ブログです。自身の備忘として、また、インプットのために記載している情報も含まれます。
掲載情報は参考程度にとどめ、必ずご自身でその内容をご確認くださいますようお願いいたします。
誤脱字は勘弁してちょ。

ざっくり業界

映画館で観る醍醐味

明日、息子を映画館デビューさせます。

お目当ては「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」。

画像_仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER
出典:仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER オフィシャルサイト

最近はじっとしていられるようになってきたけれども、2時間も座っていられるんだろうか。。
そしてテンション上がって叫んだりしないだろうか。。

まぁ周りもちびっ子ばっかりだろうから大丈夫かな笑

ところで、NTTコムの「第7回 映画館での映画鑑賞に関する調査(2018年7月3日)」によれば、直近1年以内に映画館で映画鑑賞をした人は35.3%で、本調査が開始されて以来、最低の鑑賞率となったそうです。

確かに映画館で映画なんて見てないなぁ。

考えてみると、最後に映画館で観た映画は「謝罪の王様」?で、そうすると実に6年近く映画館に行っていないかも。。

改めて、映画館で観ることのメリットについて考えてみます。

映画館は映画を観る意識を高める

自宅で映画を観る場合、目に入るものを映像だけで満たすことはできません。

最近はテレビが大型化しているといっても、脇にある棚や時計、DVDプレーヤーなどはどうしても視界に入り込んでしまい、集中して映像を見ているつもりでも、無意識に視点が散漫してしまいます。

一方で、映画館には元々余計なものが無く、画面も広いために映像だけを認識することができ、映画に入り込むことができます。

また、自宅の場合は行動の選択権は自分にあります。

携帯が鳴ったり、トイレに行きたくなったり、何か食べたくなったら、映画を止めればいいだけです。

そのことが自分のアンテナを広げる状態になり、集中を妨げます。

床にべったり座ったり、ソファにだらしなく座ることも、集中力を阻害する要因です。

つまり、自宅と比べた場合に、映画館は”映画を観る意識”をより高めてくれる、それが映画館の醍醐味なのだと思います。

そのことによって、興奮や感動、共感が日常より増し、映画をより楽しいものにしてくれます。

明日は仮面ライダーだけど、久々に映画楽しんでくっかー笑

起業に向け一言

ときには映画で現実世界から離れよう

-ざっくり業界

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.