当サイトはあくまでも個人ブログです。自身の備忘として、また、インプットのために記載している情報も含まれます。
掲載情報は参考程度にとどめ、必ずご自身でその内容をご確認くださいますようお願いいたします。
誤脱字は勘弁してちょ。

ざっくり業界

ガリバーVSビッグモーター!中古車業界がざわついている?

知り合いの社長から、今、中古車業界がざわついているという噂を聞きました。

それは、ビッグモーターがガリバーの株を買い進めているということ。

ちょっと調べてみました。

ガリバー

画像_ガリバー
出典:株式会社IDOM

ガリバーは、株式会社IDOM(イドム)における中古車買取販売のブランド名。
2016年7月15日、株式会社ガリバーインターナショナルから株式会社IDOMに商号変更。

資本金  41億5,700万円
売上高  単体1,531億円、連結1,556億円
経常利益 単体60億円、連結53億円
純資産  単体339億円、連結346億円
従業員数 単体2,298名、連結2,477名
(いずれも2015年2月期時点)
出典:Wikipedia



一方のビッグモーター。
東北にはあまり出店していないせいか、正直、私にとってはガリバーより馴染みが薄いです。

 画像_ガリバーとビッグモーターの店舗数比較
出典:ガリバーとビッグモーターの比較・違いをまとめてみました

ビッグモーター

画像_ビッグモーター
出典:株式会社ビッグモーター

中古車の売買を中心にした中古車販売会社です。

資本金  4億5,000万円
売上高   1,813億円
従業員数  3,208名
(いずれも2015年9月期時点)
出典:Wikipedia

中古車業界においてライバル関係にある2社ですが、ビッグモーターがガリバーの株を買い進めているというので、「会社四季報ONLINE」を見てみます。

画像_IDOM大量保有速報
出典:会社四季報ONLINE

ホントだ。

11/8に大量保有報告書が出ています。

大量保有報告書とは

上場企業の発行済み株式の5%を保有した株主は、個人であろうと法人であろうと、保有した日から5営業日以内に内閣総理大臣宛ての「大量保有報告書」を管轄する財務局に提出しなくてはならない。
大量保有情報は株価に影響を及ぼすため、市場の透明性、公平性を高め、投資者保護のために1990年の証券取引法改正で導入された。
5%保有した時点で報告するだけでなく、5%超保有する投資家がその割合を1%以上増減させた場合にも、5営業日以内に報告が義務付けられている。
出典:株価を先読み?急騰のシグナル「5%ルール」とは

なんだかどんどん買い進めてます。

11/08 ビッグモーターのIDOM株式保有比率が5.23%となる
(報告義務発生日は11月1日)

11/13 ビッグモーターのIDOM株式保有比率が5.23%から6.27%に増加
(報告義務発生日は11月6日)

11/16 ビッグモーターのIDOM株式保有比率が6.27%から7.58%に増加
(報告義務発生日は11月13日)

11/16 ビッグモーターのIDOM株式保有比率が7.58%から9.21%に増加
(報告義務発生日は11月15日)

結果、ビッグモーターのIDOM株式保有比率は10.00%になったようです。

その後、IDOMの代表取締役社長である羽鳥貴夫氏(弟)が株を取得し、株式保有比率が5.05%から6.22%に増加(報告義務発生日は11月20日)

さらに、IDOMの代表取締役社長である羽鳥由宇介氏(兄)が株を取得し、株式保有比率が5.05%から6.33%に増加(報告義務発生日は11月20日)

んーどうなっているのでしょうか。
なぜ故に競合が同業株を集めるのか。

業界再編の前触れか、ビッグモーターはTOBでもするんでしょうか。

2005年4月にはビッグモーターとハナテンが資本・業務提携をし、ハナテンがビッグモーターのグループ傘下となりましたが、今回もそうなるのか・・・?

最近は中古車販売業の方と一緒にお仕事をする機会が多いので、目が離せません!

起業に向け一言

競合は無視できない存在。

-ざっくり業界

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.