• [公開日]2019/04/09

DES(Debt Equity Swap)

DESとは、Debt Equity Swap(デット・エクイティ・スワップ)の略で、いわゆる債務の株式化のことです。

債務の株式化とは?

Debt(債務)とEquity(株式)をSwap(交換)することです。

企業側の立場に立って見てみると、借入などの債務と株式を交換するかのような手法であることからそう呼ばれています。

なぜにDES?

新技術の積極的な導入、大規模な設備投資、莫大な費用と時間をかけて研究開発を行ったものの、それらが実を結ばず、残ったのは多額の借入だけ・・・

といったことは現実としてあることです。

これから再建策を考えなければ・・・

でも、もはや借入が重すぎて、できることと言えばコストカットくらで、新たな投資なんて到底できない・・・

ちなみに、私が聴いているPodcast番組「財務アタマを鍛えるラジオ〜マネトレ〜( 税理士大久保圭太氏 )」では、

  • 金が無くなってからは遅過ぎ
  • 再建するなら金のあるうちに相談すること
  • なぜならば再建のためには投資が効果的だから

と言っていました。

再建の可能性はあるのに・・・
銀行さん・・・債務免除(=債権放棄「返さなくていいよー」)してくんないかな・・・

「貸した側にも一定の責任がある」という理屈で債務免除してもらえれば企業側にしてみればそれがベターですが、そんなことを銀行側としても簡単に認めるわけにはいきません。

そこで出てくるのがDESです。・・・ダジャレみたい笑

返済するべき融資額と同額の株式を発行することで、スケジュール通りに返済を行なわなければいけない融資を株式という将来的に売却する形でリターンが得られる株式と交換することで短期的なキャッシュアウトが防げるようになる。
よって DES は短期的なキャッシュアウトを防ぐ意味で再建時に行われることが多いのだ。
出典:住商アビーム自動車総合研究所

山田コンサルさんのWebサイトではこれらが分かりやすく図式化されています。


出典:山田コンサルティンググループ株式会社

債務者(企業側)からすると財務内容が良くなる、銀行などの債権者に経営参画してもらう、などのメリットがあります。

が、中小零細企業のような未上場企業ではあまり用いられない手法だと思います。

中小企業でも実際にDESが実行された会社がありましたが、そこの会社を見てみると、DESだけで再生しているわけではありませんでした。

財務体質の改善には効果的でも、DESとはまた別に将来的な成長が期待できる成長戦略も必要なのでしょう。

起業に向け一言

銀行のいいなりにはならない企業体質を!

   

コメントを残す

メールアドレスは公開されません(が、コメントにあたっては入力をお願いします)。 誹謗中傷いたずらコメントは基本的にお断りです。だって・・・傷つくんだもの=(´□`)⇒  なお、 * が付いている欄は必須項目です

 

カテゴリー一覧

最近の投稿