行事・イベント

ブラックフライデーに惑わされるな

買い物でレジに並ぶと、前にいた年配夫婦が店員に訊ねていました。

ブラックフライデーってなんですか?

すると店員が

元々はアメリカ発祥の感謝祭です。この日になるとよく物が売れて、黒字になることから"ブラック"フライデーと呼ばれています。

と、余裕の表情で回答。

さすが1番レジにいるだけはある。笑
店長かな?

ブラックフライデー(英語: Black Friday)とは、11月の第4木曜日の翌日にあたる日のことである。小売店などで大規模な安売りが実施される。
アメリカ合衆国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日は正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。買い物客が殺到して小売店が繁盛することで知られ、特にアメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされている。また、年末商戦の幕開けを告げるイベントでもある。
日本語では黒字の金曜日とも訳される。
出典:Wikipedia

本場アメリカでは、ブラックフライデーには各小売店が年間売上の2割を稼ぐらしいです。

私はてっきり「ブラックフライデー当日が黒字になる」ということなのかと思っていたのですが、「累計で黒字に転換する」っていう意味なんですね。

以前に書きましたが(クリスマスはKFC?)、あれほど混雑するKFCでもクリスマス期間中(3日間)の売上は年間売上の約1割ですから、「年間売上の2割」とうことが本場アメリカでのブラックフライデーの盛り上がりを物語っています。

ここ最近は日本でも盛り上がってますよね。

そういうウチもブラックフライデーに釣られて買い物に出かけたわけですが…笑
確かに安かった。

先週、ユニクロでヒートテックと娘のパジャマを買いましたが、ヒートテックは2割、娘のパジャマは4割ほど先週より安くなってました( ;∀;)

ところが、某スーパーではあるものを発見。

それはアイスの詰め合わせ。

ブラックフライデーと印字された黒い袋に異なる6種類の味のアイスがセットで売られています。

値段は598円(税抜き)。

1個あたり100円もしないので安いかとも思いましたが、、

スーパー内の別の場所でそれらがバラ売りされてました。

その値段は1個98円(税抜)。

ん?

98円×6個=588円。

さっきのよりこっちのほうが安いじゃん。

普通はセットにしたら安くなんない?

値段、逆じゃない?

ブラックフライデーと印字された袋代が上乗せされてる??

こんなことってあるんだろうか。

ブラックフライデーという言葉に惑わされてなんでも買ってしまうと、意外なところで損をしているのかもしれません。

起業に向け一言

購入者はバカじゃない!誠実に商売しないと後で痛い目に合う!

-行事・イベント

Copyright© サラリーマンが起業までの日々を綴るブログ , 2020 All Rights Reserved.